外来のご紹介

ご家庭で過ごされる方のために、
緩和ケア外来を開いています。
定期的に受診いただいき、
痛みのコントロールを行います。
またご入院の時期を相談できます。

ご入院までの流れ

面談日の決定

完全予約制となっておりますので、
お電話でお申込みください。
かかりつけの病院担当者さま(連携室等)
もしくはご本人、ご家族のいずれでも結構です。
患者さまが病名をご存じなくても入院可能です。
面談日の決定

面談

担当医師、看護師、医療相談員がご相談に応じます。
検討委員会で協議
結果のご連絡
入院日の決定
ご入院

年間イベント

初釜

初釜

新春恒例、初釜(お茶会)を開きます。裏千家の見事なお点前に見とれ、教えられるままの作法ながらおいしく頂けます。またお部屋にいらっしゃる患者さまにもお届けし、ご家族と一緒に穏やかな新春のひとときを過ごします。

節分

節分

医師がそれぞれ赤鬼と青鬼に扮し、緩和ケア師長がお多福(おかめ)に扮し、院内を練り歩きます。 突然の鬼出現に驚かれる患者さまもおられますが、鬼が院長や稲光医師だと気付くと大変喜ばれ、 みんなで豆をまいて節分を楽しみます。

ひな祭り

「ムーゼンクランツ福岡少年少女合唱団」によるひな祭りコンサートが開催されます。童謡、唱歌、季節感あふれる春のうたそして、手作りのプレゼント…。その清らかな歌声は患者さまや ご家族、そして私たち職員にも暖かいぬくもりを与えてくれます。

さくら祭り

さくら祭り

病棟に飾られたさくらの甘い香りの中、医師が扮する花咲じいさんが登場致します。桜茶やパンケーキ等美味しいデザートサービスもあり、花より団子でも春を満喫します。

七夕

七夕

患者さまやご家族に願いを書いて頂き、病棟に飾られた笹に飾ります。

夏祭り

夏祭り

昼の部は職員が様々な催しを準備し、患者さまやご家族が夏のひと時を楽しんで頂けるよう、毎年趣向をこらした内容となっています。夜の部はピアノの生演奏を聴きながらカクテルを傾け、雨が降ってなければガーデンにて花火も行います。

ホスピス緩和ケア週間

ホスピス緩和ケア週間

世界ホスピス緩和ケアデーは日本各地で緩和ケア普及啓発活動が行われます。例年、赤とんぼやもみじ等秋らしい日本の歌の数々が演奏され、職員や患者さまも途中演奏に飛び入り参加。
秋の日差しと歌声で談話室は温かい雰囲気に包まれます。

ボジョレーヌーボーの夕べ

ボジョレーヌーボーの夕べ

患者さま、ご家族、スタッフと一緒にボジョレヌーボーの解禁を楽しみます。ロウソクの明かりの中、交わす会話は日頃とはまたひと味違ったものをお楽しみいただけます。また、この日からイルミネーションの点灯も行ないますので、屋上庭園の幻想的な景観を楽しめます。

クリスマス会

クリスマス会

ムーゼンクランツ福岡少年少女合唱団によるクリスマスコンサートの他、ドクターサンタのプレゼント配りにナーストナカイが道案内しています。
落語会

落語会

毎月第3水曜日に九州大学落語研究会の方に落語を披露していただいています。
ホスピス交流会

ホスピス交流会

他の医療機関から多くの医療関係者が参加されホスピスに関する勉強会や交流会を行います。交流会を通して連携の強化と医療スタッフの知識の向上を目指していければと考えております。
ご家族の方へ

ご家族の方へ面会時間は、24時間可能です。

一生懸命看病したり、痛みを自分のことのように感じるあまり、
ご家族が疲れたり、心が重くなったりすることがあります。
患者さまご本人だけでなく、ご家族や大切な方を
サポートするのもホスピスケアの大切な役割だと考えています。
ご家族の方の不安や悲しみも全て、スタッフにお聞かせ下さい。
ご家族が穏やかな表情でいらっしゃることで
ご本人が癒されるものです。